じめまして。
株式会社グレインの姫松です。

私は、これまで30年間、冠婚葬祭業の組織づくりに関わってきました。

そして2010年、葬儀業界のコンサルティングに特化した会社を設立し、 コンサルティングを通じて経営者のビジョン実現化の支援を行っています。

また、数十社の企業を支援する中で感じたことは、いろいろ予算をかけて
手を打っているが、なかなか成果が出ないと悩んでいる経営者が多いということです。
同業他社の成功事例を取り入れているのに? 何でうまくいかないのか?

こんな方は、下の9つの質問を自分自身に問いかけてみてください。

(1) 経営者のビジョンが明確になっているかどうか?

(2) 顧客は誰かが明確になっているか?

(3) 社員が育っていく仕組みづくりできているかどうか?

(4) 顧客の声を聞く仕組みづくりができているかどうか?

(5) マーケティングの原理原則を理解できているかどうか?

(6) イノベーションの原理原則が理解できているかどうか?

(7) ビジネスファネル(集客から売上ができるまでの仕組み)ができているかどうか?

(8) 自社のポジショニング(どこで商売するか?)は明確になっているか?

(9) 自社のコア・コンピタンス(どんな商品で商売するか?)は明確になっているか?

  いかがでしたか? いくつ答えられましたか?

  すべての質問に即答できる方は、相当に実績を挙げられている経営者です。

地道な、圧倒的な努力の積み重ねが、大いなる歳入障壁となるうる

つまり、原理原則を学び、やることが明確になれば、仕組みづくりはできるのです。

  参入障壁=シンプルなしくみ×大量行動×継続

この参入障壁をつくりあげることが、自社の営業エリアをライバル会社から守る

堅固な城壁となるのです。

この仕組みを創り上げている会社が、大変革期に対応できる会社なのかもしれません。

 

プロフィール 
姫松千秋(ひめまつちあき)
葬祭業界専門コンサルタント

1958年長崎県生まれ。葬祭業界の現場を30年以上経験した「現場を知るコンサルタント」。

大学卒業後、新卒で葬儀業界に入り、それ以降、営業所の新設、支店の開設、別会社の経営再建、更に、退職後、ベンチャー企業の立ち上げなど1都6県の様々な地域で様々な経験を積む。

業界の変化を捉えて伸びていく会社、あるいは変化を捉えきれずに衰退し、消えていく会社など様々な姿を見てきたなかでいつも考えていたことは、

一つ目は、「変化・成長してく会社と衰退・消滅していく会社の違いは何なのか?」、

二つ目は「どのようなリーダーのもとで、激変する社会変化の中でも成長する企業ができ、社員がいきいきと働き、やる気に溢れた組織ができるのか?」ということでした。

 2012年からスタートした「姫松塾」(少人数グループコンサルティング)は、自分の想いを具現化し、自分で課題を解決し、自分で未来を創造できる経営者育成を目指しています。

内容は経営者として知っておくべき原理原則を学び、考え、そして、それを自社へ導入するという実践型の講座です。

 参加者のみなさんから、「戦略構築の組み立て方を学んだことにより、社長の言っていることが戦略のどのパーツの話なのか理解できるようになった。」とか、「ポジショニング分析をみんなで行って、自社の進むべき未来の方向性が明確になった。」とか、いろいろ嬉しい声をいただいています。

 私は、この塾を全国のいろいろな地域で開催し、自分の会社を変化・成長させるだけでなく、地域社会に貢献できる経営者が増え、さらに、塾生の中で、私と一緒にこの活動を行ってくれる仲間とともに、「社会に価値と感動を提供できる組織」が溢れる世界の実現に貢献できると確信しています。

「経営者の変化・成長」をテーマに「ドラッカー理論を学び・考え&自社へ導入するというグループコンサルティング」や顧問契約で「経営者のジビョン実現化を支援する」という活動を行っています。

 
メルマガ登録フォーム




 
 

会社概要プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記お問い合わせ
株式会社 グレイン Copyright Graine All Rights Reserved.